どうなる太陽光発電 『2019年問題』

太陽光発電における、「2019年問題」をご存知でしょうか?
2009/11から始まった太陽光発電の余剰電力買取制度で、設定された10年間の買取義務保証期間が終わりを迎え、電力会社の買取契約が終了する年です。
買取期間が終了してしまうと、太陽光発電を導入した約35~40万件の世帯が今後どのようになるのか、現在では不明瞭なままです。この問題を「2019年問題」と呼んでいます。

安い価格で新電力会社に売電
安い価格でも、買取可能な新電力会社に売電できる可能性があるが、検討段階と考えた方が妥当である。
余った電気は無償で電力会社に提供
自家消費して、余った電気を電力会社に無償で提供する。
各電力会社は、現在検討段階である。
蓄電池の導入
発電した電気を蓄電池に貯めて夜間に使用することで、電力会社から電気を極力買わない状態で自家消費をする。
ガスから電気へエネルギー源の切替
自家消費割合を増やし、ガスから電気へシフトする。
エコキュートの昼間利用・電気自動車への充電 V2Hの導入

日中に太陽光発電でつくった電気をV2Hを通して電気自動車(EV)に貯めること ができます。昼間に電気自動車にためて、夜間に使用することで、電気をなるべく買わない自給自足生活も夢ではありません。(図を参照)
電気代の安い深夜電力時間帯に電気自動車に電気を貯めて、昼間に使うこと で電気代を節約することができます。
真夏の昼間など電力需要が増える時期や時間帯に電気の購入を抑えることで、エネルギーのピークシフトに貢献します
停電しても電気自動車に貯めた電気が生活をバックアップします。
晴れていれば、停電中でも太陽光発電から電気自動車への再充電ができ、いざという時にも安心です。
家庭内のコンセントでいつもの電化製品(最大約6kVAの電力)を使うことができます。

アオテックでは、お客様のライフスタイルに合わせたプランをご案内させていただきます。
お気軽にご相談ください。

太陽光発電設備(住宅用)

太陽光発電とは、太陽の光という「光エネルギー」を「電気エネルギー」に変換するシステムです。
クリーンであることが特長であり、発電時に地球温暖化の要因とされる二酸化炭素をほとんど排出しません。
太陽光発電は、枯渇することがなく地球にもやさしいエネルギー源として注目を集めています。また、日本は世界でもトップクラスの太陽光発電技術を有する国といわれており、売電価格が下がった今でもシステムを導入されるご家庭は多い傾向にあります。

太陽光発電の仕組み

太陽光発電 施工例






Top